借金返済ができないとブラックリストにいつ載るの?

借金が返済できない、一番気になるのがブラックリストいりしてしまうともうカードもローンも使えないし申し込めないと聞くけどどれくらいまで大丈夫なのか?ということ、そして借金整理をした後の影響も確認しておきましょう。

借金返済ができないとブラックリストにいつ載るの? ≫ 借金返済を延滞したらどうなるのいつブラックリスト?

借金が返済できない、一番気になるのがブラックリストいりしてしまうともうカードもローンも使えないし申し込めないと聞くけどどれくらいまで大丈夫なのか?ということ、そして借金整理をした後の影響も確認しておきましょう。

カードローンやキャッシングでの借金の支払いは毎月返済日が決められていますが支払いを延滞してしまったらどうなるのでしょう。決められた返済日(約定日)を過ぎるとその時点から利息とは別に延滞損害金が発生してしまいます。
延滞利息という言い方もされていて、支払いが遅れると利息が加算されると言われるのはこのことを指しています。

遅れた日数分かかってくるのでつい忘れてしまったとか面倒だから明日にしちゃおうと思うと余計なお金を払わなければならないので注意が必要です。

返済方法が口座引落の場合は会社によっては約定日に引落しにならなかった場合は振り込みが必要になるところもあり、その場合は振込手数料もかかってしまいます。

うっかり忘れは遅れないようにカレンダーやメモを活用することで回避できますが、支払日はわかっているけど払えず延滞してしまうという場合はどうなるのでしょう。

約定日を過ぎると入金が確認できないという内容と支払い方法を書いたハガキが郵送されてきます。この時点で支払えばその後の連絡は来ません。

ハガキがきてもまだ支払いをしなかった場合は今度は電話出の連絡がきます。
(会社によってはハガキより先に電話が来る場合もあります。)

この連絡を無視し続けると俗に言われるブラックリストとなってしまい新しい借入やローンを組むことができなくなってしまいます。

どれくらいでブラックリストになるのか?というのが支払いが遅れた場合に最も気になるところですが、通常は3ヶ月と言われていますが、厳密には61日以上の延滞で異動情報が記載されるとなっています。この異動情報なるものが俗にいうブラックリストにあたります。

62日目でブラックリストとなっても文句は言えないのですが、多くのところではそこから更に1ヶ月程余裕を見てくれているということが。いえるでしょう。
いつも2ヶ月過ぎても大丈夫だからと思っていたら急にそうじゃなくなる事もありえるので
2ヶ月以上はまずいと思っていたほうがよいでしょう。

このままではブラックになってしまう、またはもうブラックになってしまってる。
借金を整理したいという場合には早めに借金のプロに相談するのが得策といえます。

早く対策を講じることで解決も早くなります。

家族に内緒で無料相談
借金が返済できず、法的に認められた方法で解決を図ることを債務整理といいますが、
法的に認められていると言ってもすべて裁判所を通して行うものではないのです。

任意整理という方法だと裁判所を通さずに直接交渉することでこれから払うはずの利息を減額してもらい返済額を減らしてもらうものなので、官報に載るとか裁判所に出向かなかればならないという不安は払拭されます。

もちろん周りに知られることも無いため、誰にも気づかれずに整理することができるというメリットが有ります。

それじゃ整理したもの勝ちじゃないかというともちろん影響もあります。

それは前述の異動情報が記載されるため(ブラックリスト)5年間は信用情報にその記載が残ります。

ですので債務整理直後は新しく借入やローンの利用はできなくなってしまいますが、
任意整理中に更なる延滞がなければ5年立たないでクレジットカードが作れるということもあるので(状況や個人差はあります)それほど悲観的なものではないということが一つですし、この先行き詰まりそうなのを必死に回していてとうとうダメになってしまったということならその期間分はやく整理しておけばよかったのに・・・ということになってしまうこともあります。

早く整理すれば気持ちも早く楽になりますし、ブラック情報が消えるのも早くなるということなのです。

任意整理をはじめ最終手段の自己破産まで状況に応じた適切なアドバイスと親身な相談は借金問題に精通したプロ探しが最も大切です。一口に弁護士といっても得意分野がそれぞれ違っているので借金問題に強くないと意味がないのです。

最もあなたに適した相談所を見つけるなら

Copyright © 2017- 借金返済ができないとブラックリストにいつ載るの?